ときの総理はどうあるべきなのか!望ましいのか!

現総理もかつては体調を壊したこともあったけれど

国を動かすという意味で総理の役割は大きいし、ある種の人たちにとっては価値のある職業かもしれません。思想は別としてどうにかデモなど起こる中で法案を通し、アメリカでの演説の中で述べた公約を果たしたともいえます。体調を崩された当時においてはあまり期待のできる中にはなかったように取られて来ましたが、第二次の内閣総理大臣に就任してからはまるで別人のように体力を回復し、行動力自体は評価されているのではないかと思われます。

次期総理は誰がなれるのか

今後国の総理も交代する時期も来るとは思われます。何年も前に次期総理にふさわしい人物をあげてみたことがありましたが、予想通りに進んでいる感じもします。しかし、順送りでなるという意見には賛成しかねることで、やや大阪の市長の意見に近いものがあります。このような日々変化してゆく中にあって業務こなして行くには体力も必要ですし各国へも出かけて行く機会が増えると予想されます。その点では多く外国の国々へ飛び回っている現総理は望ましい姿や行動力ともとれます。しかし積極的という点ではこれに続く行動力をもち多くの必要な事柄を早口でしゃべれる候補となるべき人物が現段階では見当たらないものです。英語力や人柄、品性、身長の高さ、外交、健全な思想の持ち主であるかが評価されるものだと思われるものです。つまりはグローバル世界で発言のできる人物像が期待されます。

将来どういう時代になるのか

靖国神社の参拝については常に攻撃の対象にされ、尖閣列島への侵犯については警戒の域を出ないとか、拉致被害者の捜索、中国の軍事力の増大と米国の軍事費用の削減などで世界の状況は変わりつつあるようです。色々な分野で各国の交流が行われ、平和ともいえるこの世の中で交戦を行う意思を持った国は想定できないもので、もしそのようなことが1回でもあると世界から直ちに非難され短期間の内にある点に収束するのは予測が付きます。平和を嫌う国があるというのなら話は別ですが。そういう意味から総理の役割や外交は優先されることになると思われます。

山本英俊氏は愛知県出身の事業家で、パチンコ機器を取り扱う会社の代表取締役会長の肩書をもつ人ですが、競馬会とのつながりが深く、競走馬の馬主としても有名です。

admin

Add your Biographical Info and they will appear here.