私達にとってとても身近!もう怖くないうつ病対策

世界でうつ病に罹っている人達

うつ病と言えば一昔前は「心が弱い人がなる」などの偏見にさらされている病気でしたが、2012年の段階で世界中に3億人を超えるうつ病患者が存在している事が判明しています。うつ病はもはや特殊な人が罹る病気ではなく、私達の身近に有り触れた気分障害の一つとなっているのです。またうつ病は一生かかっても治らないものと考えている人も少なくありませんが、実際のうつ病は早期治療に乗り出す事によって完治も可能なのです。

うつ病で通いたい病院の種類

うつ病に罹ってしまった場合、大きく分けて精神病院か心療内科に通うのがベストです。気分障害に苦しんでいる場合は精神病に通い、心の問題が身体的な異常を引き起こしている際は心療内科に行きましょう。例えばうつ病は幻聴や吐き気、頭痛などを引き起こす事があります。もしも原因不明の頭痛に悩まされている場合、それはうつ病のせいかもしれません。どのような病院に通ったとしても、まずは投薬治療を行なう事になるのが一般的です。

気を付けたい薬の飲み方

うつ病で処方される薬には様々な種類が存在しています。うつ状態の程度や、身体にどのような異常が現れているのかによって使用される薬は変わるのです。また、うつ病と一緒に睡眠障害や躁病を引き起こしている方も存在していますので、そのようなケースではそうした病気に対処する薬も処方されます。こうした薬は勝手に量を減らしたり服用をやめた場合、離脱症状が現れる事があります。病院に罹る以前より状態が悪化してしまう事もありますので、医師の指導がない中で勝手に減薬するのはやめましょう。

うつ病の症状は身近な人でもなかなか気づかない人が多いです。ですのでもし異変に少しでも気づいたら積極的に話しかけてみてはどうでしょうか。

admin

Add your Biographical Info and they will appear here.